システムだけではカバー出来ないところもある

1コマ目アディルの美味しいお酒の作り方

2コマ目できたお酒を飲んでみるもグレープフルーツ系は苦手な△星人

今回のお酒作りは失敗したわけではありません!
なんならイケイケシステムなので大成功だと思います!
グレープフルーツ系のお酒が好きです!という人にとってはとても美味しいシロモノでありましょう!

このブログを読んでくださっているみなさんもぜひ試してみてくださいね!
美味しい組み合わせがありましたら教えてもらえると嬉しいです!

ただ漫画にもあるように作者は何色であろうとグレープフルーツは苦手なのです。苦いので。
でもICEBOXは一時期はまって食べてました。あれは途中までならグレープフルーツの味が濃くなくて、グレープフルーツが苦手な人でも食べられると思います。
前回少しだけ話にあった嫌いなものの1つが、グレープフルーツです。同じ果物系統で行くと、マンゴーも食べません。
以前は好きだったのですが、とても美味しいマンゴーのお菓子を食べすぎて車酔いをしてから食べられなくなりました。
好き嫌いで困ったことがあるかといわれるとパッと思いつきませんが、美味しい物がたくさんあることはシンプルに羨ましいです。
アディルの好き嫌いについても前回言及しましたが、アディルは好き嫌いはほぼありません。しかも、そのほぼに含まれる食べ物も頑張れば食べることができます。素晴らしいですね。
好き嫌いないのは素敵ですが、好き嫌いが絶対的に悪かと言われるとそうではないと思ってます。
というのも、自分が嫌いなものはそれを好きな他の人が食べられますし、自分も自分が好きなもので他の人が嫌いなものであればもらいやすいし、嬉しいですよね!
だから大丈夫です!!!と言い切りたかったのですが、食い意地張ってるだけかな・・・と自信がなくなってきました。

お酒の話に戻りますが、作者の苦手にはアルコールの苦味も含まれています。ただ、アルコールの苦味にグレープフルーツの苦味というダブルパンチが効きすぎただけで、ピーチやレモン、みかんといったものであれば、アイスの甘さでいつもより美味しく飲めると思いました!
マンガの話は結構前の出来事で、そこから1度もアディルも作者もこのお酒の飲み方をしたことがないのですが、記事を書いていたら飲みたくなってきたので近いうちに自分の好きな味のお酒でリベンジしてみようと思います。

 

 

 

最近、毎日投稿に届くほどではありませんがマンガを描くスピードが速くなってきた気がします。
完全にあとは投稿されるの待つだけ!の状態になるのは、けっこうギリギリになってからですが。
早く描き上げた分、次の物にも早く手を付ければ全体のスピードがもっともっと上がるのは考えなくても分かることですが、まだ完成したぞ~!!!!という達成感でいっぱいになって大休憩を取らないと動けなくなってしまうんですよね~
そこをなんとかしていきたいですが、今はマンガ描けてちゃんと更新しててえらいね。と都度都度褒めていくことにします。

 

 

次回の更新は
2月13日(日) 19時59分
です!
お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました